ホーム

メールで学ぶMail magazine

貯金300万円から、融資がなくてもパート主婦でも
初心者でも大丈夫!
なっちー流大家術のヒントをお伝えします!
▼ご登録はこちら▼
なっちー公式メールマガジンなっちー公式メールマガジン
お名前必須
メールアドレス必須

推薦者の声Recommender

僕もお話を伺って、主婦だけの秘密にしておくのは
もったいないと思っていた矢先の出来事です。
不動産投資家(恵比寿のI) 石原博光

なっちーさんは、”やりくり主婦”の心強い味方として全国を飛び回っています。

彼女いわく
「不動産投資に数千万円の元手なんて無用です。
主婦には主婦の戦い方があるんです」との事。

ご自身も元はパート主婦でしたが、
コツコツと貯めたお小遣いで古めかしいボロ家(失礼 笑)を買って、
費用を抑えながらも女性らしい配慮で工夫を凝らし、命を吹き込んでいきました。

今ではそうした家々が24時間365日、
パート主婦の代わりとなって稼いでくれている…。

僕もお話を伺って、
主婦だけの秘密にしておくのはもったいないと思っていた矢先の出来事です。

この実経験から生まれた「使える方法」は、書籍となりテレビにも紹介されるや、
世間の話題をさらったことは皆さんのご記憶にも新しいのではないでしょうか?

「お金も大事だけど、とにかくお家が好きなんです!」と彼女は続けます。

壁紙交換や木部の塗装なども楽しいイベントに変えて、
家族や仲間とワイワイやるのがなっちー流で、今まで元気のなかったお父様も金槌を握る手はすっかり玄人はだし、実益を兼ねた趣味に大満足なんだとか。

そしてこの度
なっちープレゼンツ「主婦が大家になる方法」が満を持して開講します!!

この機会が、きっと皆さまに幸せをもたらすことを心よりお祈り申し上げます。

【プロフィール】
石原 博光
1971年生まれ。米国の大学を卒業後、都内商社に勤務。
1997年に貿易会社を創業、現在に至る。
2002年に不動産投資を始め、4年間で7棟72世帯、年商5,000万円の規模に達し、粗利60%を叩き出す。その手法を著した『まずはアパート一棟、買いなさい!』は、新/旧合わせて21刷を記録しロングセラーを更新中。
2012年よりアメリカで不動産投資をスタート。
2014年にグリーンカードを取得し、カリフォルニアに移住する。
2017年に「カリフォルニア州公認不動産取引ライセンス」を取得する。

現在、日本に43世帯、米国に商業物件と5つの戸建てを保有する。本業と貸家業のほかに、執筆や投資家の育成にも携わる。通り名は“恵比寿のI”。

【書籍】
『満室大家さん12人の極意を盗め!不況に強い「不動産経営」50の戦略』(3刷・7000部)『まずは、アパート一棟買いなさい!』(17刷・累計49,500部)、『資金300万円でも、アパート一棟買えました!』(4刷・累計13,500部)、『底辺から年収1,000万超の不動産投資術-「資産」より「仕組み」を買え!』(3刷・11,500部)、『[新版]まずは、アパート一棟買いなさい!』(4刷・12,000部)、『頼れる!海外資産ーアメリカ戸建て投資のはじめ方』(初版・5,000部)など電子書籍も含め6作合計の累計発行部数は約120,000部。

なっちーさんは旦那さんの属性に頼れないパート主婦さんなのですが、知恵を絞ってコツコツ頑張っていらっしゃいました。
6億円不動産投資家 星野陽子

なっちーさんこと舛添菜穂子さんは、
旦那さんの属性に頼れないパート主婦さんなのですが、
知恵を絞ってコツコツ頑張っていらっしゃいました。

私も年収100万円に満たないパート主婦だった時があるのでわかるのですが、
時間的・経済的な制約などがあるし、「不動産投資」などと言おうものなら
猛反対する人たちもいるし、「どうせ私なんか……」という最大の敵である
もう一人の私もいるし(笑)、あきらめてしまう気持ちに押しつぶされて
しまいそうな時が多々ありました。

なっちーさんはいつも健気にがんばっていて、ご自分の経験をシェアされたり、
リフォームなどのセミナーを主催されたり、精力的に活動されているので、
本当にすごいなぁといつも感心しています。

ぜひお話を聞いてみてください。

【プロフィール】
星野 陽子
著者。特許翻訳者。ユダヤ人富豪の義父に学び、自らも6億円の不動産資産を築いた不動産投資家という顔も持つ。

東京都出身。外資系メーカー、シティバンク勤務を経て、イスラエル国籍のユダヤ人と結婚。子ども二人に恵まれるも離婚。在宅で翻訳の仕事をフリーランスとしてしながら、シングルマザーとして子ども達を育てた。東欧からの移民の子で、14歳から働き、資産ゼロから財産を築いたユダヤ人の義父からは不動産投資を学び、投資物件(6億円)などの資産を築いた。著書に『ユダヤ人と結婚して20年後にわかった金銀銅の法則50』『ユダヤ人大富豪に学ぶ お金持ちの習慣』『貧困OLから資産6億をつかんだ金持ち母さんの方法』がある。

ご主人の属性に頼らず、融資も受けずして物件を増やし続ける姿は、その華奢な容姿からは想像もできないほどパワフルで、頼もしいものでした。
歌う不動産投資家ソプラノ大家さん 菅原久美子

「なっちーさん♪」の愛称で親しまれている、舛添菜穂子さんとの出会いは、
彼女のご著書が出版された2016年のことでした。

とてもチャーミングな方で、なにより好奇心旺盛!一人っ子の私は、こんな妹がいたら毎日楽しいだろうなぁと思ったことを今でも覚えています。(なっちーさんは、いかんせん年齢不詳のため、私の方が勝手に年上の姉だと思っていますが。。。きっと当たっているはず!)

その初めてのご著書『パート主婦戸建て大家さんはじめました!』(ごま書房新社)は、あれよあれよという間に増刷を重ねて、1万部を突破するという快挙を達成しました☆

パート主婦をされながらも、ご主人の属性に頼らず、融資も受けずして物件を増やし続ける姿は、その華奢な容姿からは想像もできないほどパワフルで、頼もしいものでした。

たとえ、途中で失敗をして転んでも、膝を擦りむいた程度で立ち上がり、
笑顔で前へ歩き出す。そんな明るく冒険心がいっぱいの女性です。

これからの日本は、
少子高齢化を迎え、全国各地で空き家が急激に増え続けるだろうと言われています。

あなたが住んでいる地域でも、おそらく「戸建て投資」にぴったりの物件が見つかることでしょう。その時、彼女の「戸建て大家さん」としての経験が活きるはずです。

これからの人生を明るくしたい!キラキラした楽しい未来へ行きたい!と願う方は、ぜひ彼女の経験、生き方に触れてみてください。

きっとその先に、あなたが望む幸せな未来が両手を広げて待っていてくれますよ☆彡

【プロフィール】
ソプラノ大家 菅原久美子
1978年秋田県秋田市に生まれ。
秋田市で不動産投資を始め、約2年で6棟34室(年間家賃収入1,800万円)のアパートの大家となる。
日々の大家生活を綴ったブログ「ソプラノ大家さんのワクワク不動産日記」がマスコミに注目され、マネー雑誌「ダイヤモンド・ザイ」、「全国賃貸住宅新聞」などへも登場する。
2012年2月、著書「夢とお金をひきよせるソプラノ大家さん流アパート投資のヒミツ」を、ごま書房新社より出版。
2015年10月「今すぐ妻に不動産投資をさせなさい」(KADOKAWA)を出版する。
2014年に、ハピネス不動産を開業し、2015年には、秋田市で屋外広告看板投資(想定利回り30%)、2017年に、所有物件で「ハピネスペット」と名付けた、トイプードルのブリーダーとペットホテルをスタートしている。
現在は、秋田と代官山で、コラムの執筆や日々の楽しさを発信しながら、毎日を楽しんでいる☆